ロゴNPO法人 ちば環境情報センター

気がついた人が、出来ることから行動しましょう。環境保全活動の情報発信基地を目指しています。

293,500

2015年12月・環境省発表
下大和田谷津が生物多様性保全上重要な里地里山に選定されました。
No.12-1

下大和田谷津田へのアクセスはこちら(PDFファイル)

各イベントの詳細は
イベント情報
ご確認ください!
米作り日程表チラシ
↑日程表
千葉市緑区の
谷津田で
米作りを
しています。

イベント 日時 ところ
第210回 下大和田谷津田観察会とごみ拾い 7/2
9:45〜12:00
千葉市緑区下大和田の谷津田  
ちば里山くらぶ 谷津田の森と水辺の手入れ 7/9,21 9:45〜14:00 千葉市緑区下大和田の谷津田   
第208回 下大和田谷津田プレーランドプロジェクト(YPP)兼第6回米づくり講座「 田の草取り」 7/15
9:45〜15:00
千葉市緑区下大和田の谷津田
     

※YPPとは「谷津田プレーランドプロジェクト」の略称です。詳しくは谷津田保全のページをご覧ください。

最近の話題

ちば環境情報センターからのお知らせや活動報告です!

2017年6月16日 里山くらぶ 森と水辺の手入れ

水路や田んぼ回りの草刈りをしました。小川の中に生えたものは川に入って鎌で刈りました。草刈りといっても背高く伸びたヨシ、マコモ、ショウブなどで手強くハードでした。  毎年協力してくださる企業のボランティア参加があって、おお助かりでした。おかげで、さっぱりときれいになりました。有り難うございました。 (参加 大人7名)

     

2017年6月11日 里山くらぶ 森と水辺の手入れ

伸びたアザマネザサ、アオキなど山林の下刈りをしました。  ボランティア参加の女子学生さん、初参加の後期高齢者の方の参加もありました。 おしゃべりを楽しみながら作業しました。  ヒョウ柄のメスグロヒョウモン(雄)が現れました。とてもきれいで印象に残りました。 (参加 大人4名、大学生1名、小学生1名、幼児1名。)

     

2017年6月10日 第207回YPP「田の草取り」

田植えから1ヶ月近く経ち田の中には水田雑草と言われる様々な草が生長してきています。
コナギ、ヘラオモダカ、オモダカ、トチカガミ、ムツオレグサ、イヌビエなどが主なものです。中には保護生物とされているものもありますが湿田環境が残っている限り絶えることはありませんので田の中の草は取って畦にあげたり田の土の中に埋め込みました。
 14時には予定通り草を取り終え田んぼはすっかりきれいになりました。
                      (参加 大人14名、小学生6名、幼児3名) 

     

2017年6月4日 第209回下大和田谷津田観察会とゴミ拾い

クサイチゴ、クワ、オオシマザクラなどの実が熟し、食べ頃を迎えています。ちょっと趣向を変えてこれらの実を味わいながら谷津を巡りました。クサイチゴは期待したほど口に出来ませんでしたがクワの実は道々味わうことが出来ました。オオシマザクラのサクランボは黒く熟れたものより赤いやや未熟なものの方が苦みが薄く酸味があって爽やかで美味しいという発見がありました。
 田んぼの畦を歩くとニホンアカガエルの子ガエルがぴょんぴょん田んぼに飛び込みます。田の中はシュレーゲルアオガエルのオタマジャクシがいっぱいです。サンショウモやイチョウウキゴケは芽をだしはじめ、トチカガミは繁茂し始めていました。
 オオヨシキリ、ホトトギス、ウグイスの囀りが終始聞こえていました。
             (参加 大人9名、大学生1名、高校生7名、小学生2名、幼児2名) 

     

2017年5月19日 感謝状の作成をいたしました!

割り箸リサイクルプロジェクトでは、毎年この時期に、 日頃から割り箸リサイクルをしてくださっている方々に、感謝状をお贈りしています。 企業の社員食堂や、飲食店、イベントや、個人などで集めてくださった割り箸は、 2016年度だけで、520キロ以上集まりました。 ご協力いただき、本当にありがとうございました! 感謝状は、6月中には、お手元に届くことと思います♪   今後も、この「使い終った割り箸をゴミでなく資源に変える」プロジェクトに ご協力いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします☆彡

     

2017年5月20日 古代米の田植え(臨時)

14日に植えられなかった古代米の田植えをしました。
急遽もうけた臨時の行事でしたがたくさんの方の参加があり、緑米・赤米・農林1号・黒米の4種を全部植えることが出来ました。
植え終えた谷津田は緑が映えてとてもきれいでした。
             (参加 大人14名、小学生5名、幼児3名)

     

2017年5月19日 里山くらぶ 森と水辺の手入れ

千葉市環境保全課自然保護対策室 室長以下4名が来られ、地主さんと保全活動協定を結んでいる山林の手入れで協働作業を行いました。
立ち枯れた木を伐採、倒木を切断、アズマネザサなどの下刈りをしました。
また、3.5mの材で井桁を2基作り、その中に材や枝を運び入れ片付けました。周辺はとてもきれいになりました。
             (参加 大人10名。)

     

2017年5月14日 第206回谷津田プレーランドプロジェクト「田植え」

雨で一日順延して実施となりました。予定変更で参加人数はやや少なめでした。まず、苗取りです。苗床の苗の下に手を差し込んで根を傷めないように取って泥を落として植える田へ運びました。次いで苗の植え方の説明の後、田んぼに入って植えました。子ども達も一生懸命植えてくれてコシヒカリ田を植え終えることが出来ました。
お昼休みの時にトンボがU字溝で羽化していました。淡い緑色をしていてとてもきれいでした。何のトンボか判らなかったのですがだんだん体色が変わってオオシオカラトンボの雌であることが判りました。

             (参加 大人17名、小学生10名、幼児3名)

  

2017年5月7日 第208回下大和田谷津田観察会とゴミ拾い

  今日は千葉校生物研究部の生徒12名、千葉西校サイエンス同好会の生徒7名の参加があり総勢39名の観察会になりました。
先ずは山林内を巡り樹に巻き付いて登り花を咲かせるフジ、林床に咲くクサイチゴやキンラン、マムシグサなどを見て谷津田へ出ました。ヨシにとまって赤い口を見せ大声で鳴くオオヨシキリや発生の時期を迎えたニホンカワトンボ、ヒメクロオトシブミの揺籃作りなどを観察、道ばたに咲くクサノオウの群落、イヌザクラの花と花に集まる昆虫などたくさんの出会いがありました。
             (参加 大人13名、高校生19名、小学生3名、幼児4名) 

     

2017年5月6日 第205回谷津田プレーランドプロジェクト「田起こし」

 午前中はコシヒカリ田の田起こし、午後は苗代のカバーを外し、古代米田の草取りをしました。
4月1日に種籾を播いた稲は青々と順調に育っていました。ニホンアカガエルのオタマジャクシは子ガエルになって田の中を跳ねているものもいました。昨年生まれたと思われる小さいイシガメの子や羽化したばかりのサラサヤンマが田んぼから現れました。新緑とシュレーゲルアオガエルの大合唱のなかでの爽やかな作業でした。
         (参加 大人21名、大学生1名、高校生1名、小学生6名、幼児5名) 

     

2017年4月21日 里山くらぶ 森と水辺の手入れ

おだ回りの水位が高く湿地状となっているため倒木を敷き詰めました。 また、倒木をそだ置き場用に3.5mに切ったり、散乱した倒木を整理しました。  林内のハナイカダが小さな花を咲かせています。  (参加 大人4名。)

    

2017年4月2日 第207回下大和田谷津田観察会とゴミ拾い

今年は季節の巡りが遅いようでフデリンドウのつぼみはまだ堅く、ニョイスミレ(ツボスミレ)などもまだ見られませんでした。それでも歩く道すがらは春の草花でいっぱいです。ショウブの香りやキュウリグサの葉を揉んで香りをかいだり、畦ではタネツケバナを摘んでは口に運びピリ辛の味を楽しんだりして巡りました。
林内ではウグイスカグラの淡いピンクの小さな花を見たり、その株元では葉にまだら模様があるヤマホトトギスの若い葉が出ていました。どちらも鳥の名がついている植物が一緒にあって面白く感じました。
 冬鳥は繁殖地へ旅立ったのか、出現は少なかったのですが、アオジの地鳴きはいくつか聞かれ、まだ、留まっているものもいました。気温が低く、昆虫はわずかにナナホシテントウやギシギシの葉にコガタルリハムシの幼虫が見られた程度でしたがカナヘビやアマガエルなどに出会いました。
 (参加 大14名、高校生5名、小学生4名、幼児3名)

    

2017年4月1日 第204回谷津田プレーランドプロジェクト「苗代づくり」

今年の米づくりのスタートです。はじめて下大和田の谷津田に来られた方には「谷津田ってどんなところ?」というのをちょっとひと巡りして見ていただきました。
次に、種籾を苗床に播きました。こども達も泥深い田んぼに足を取られ、悪戦苦闘しながら播きました。そして播いた種籾を手の平で押さえて見えなくなる程度に埋めました。柔らかい弾力のある苗床を押さえる感触はなんともいえず、気持ちいい!楽しい!という声もあがりました。
午後からは苗床に保温と鳥よけのため、割った竹でトンネルを作り、シートを掛け、今日の作業は終了しました。
季節外れの寒波がやってきて真冬の寒さと雨の中でしたが、こども達も一生懸命やってくれました。
 (参加 大人16名、小学生8名、幼児1名)

    

2017年3月19日 第203回下大和田YPP「野草を食べる会」

穏やかな摘み草びよりとなりました。谷津を一巡して食べられる草を摘みました。18種ほどの食材が揃いました。食べられるように洗って準備するのも結構大変な作業です。天ぷら、汁物、ぬたなどたくさんの春の香りを味わいました。
自家製の野菜の差し入れもたくさんいただき、お腹いっぱいいただきました。
(参加者 大人23名、高校生7名、小学生5名、幼児3名)

    

2017年3月12日 里山くらぶ 森と水辺の手入れ

YPP田のおだ作りにかかりました。柱を立て、骨組みを作りました。 手慣れてきて瞬く間に立ち上がりました。
肌寒い日でしたがお昼には暖かい味噌汁が振舞われ、ホットな気分になりました。  
子ども達も土嚢運びなど活躍しました。
(参加者 大人12名、高校生2名、小学生4名、幼児1名)

谷津手入れ 谷津手入れ 谷津手入れ 谷津手入れ

2017年3月5日 第206回下大和田谷津田観察会とゴミ拾い

アカガエルの産卵は終期となり最終カウントをしました。子ども達が卵を産んで欲しいと願ってヨシ原に掘った池にも待望の産卵があって喜び合いました。下流部の湿地や水たまりにも十数個の卵塊があり、今年の卵塊総数は1,095個となりました。
畦は早春の花が盛りになっていました。オオイヌノフグリやヒメオドリコソウなどおなじみのもの達ですが春を実感させてくれます。ツクシも頭を出していました。
田を巡っているときアカゲラがけたたましい声をあげて林縁から飛び出しました。と、ちょっと間をおいてオオタカが飛び出して谷津を横切りました。移動中はノスリが上空に現れ上昇気流にのってぐんぐん上昇していく姿も見られました。鳥は16種を観察しました。
畦にはアライグマの足跡が、また小川沿いには下流部に向けてイノシシの足跡が続いていました。   
(参加者 大人12名、小学生5名、幼児2名)

谷津手入れ

2017年2月18日 第202回下大和田YPP「アカガエルの産卵調査と谷津の手入れ」

田んぼを巡ってニホンアカガエルの産卵状況を調査しました。
1月末に始まった産卵は順調に進み、暖かだった前日の17日の夜にも新しい産卵があったようです。
午後は林でシイタケの菌の植え付けをしました。 
(参加 大人9名、高校生1名、小学生3名)

谷津手入れ 谷津手入れ 谷津手入れ

2017年2月17日 里山くらぶ 森と水辺の手入れ

おだの横木用に伐倒済みの杉を6mに切り、皮むきをしました。
春一番が吹き、谷津も砂ほこりが舞いました。 ニホンアカガエルの産卵状況を見ましたが新たな産卵はありませんでした。 
(参加 大人3名。)

谷津手入れ 谷津手入れ 谷津手入れ

2017年2月12日 里山くらぶ 森と水辺の手入れ

今日はシイタケ菌の植え付けをしました。
シイタケの種駒1,000個、成型菌460個、ヒラタケ種駒500個を植える予定でしたがコナラに穴をあける作業は意外に手強く、次々にドリルが電池切れとなってシイタケ菌1,200駒ほどを植えたところで作業を終えることとなりました。 18日のカエルの調査の日に追加の作業をすることとしました。
中村俊彦さんが久しぶりにいらして歓談しました。下大和田のコケについて教えていただくことになりました。                 
(参加 大人12名、小学生3名、幼児1名)

谷津手入れ 谷津手入れ 谷津手入れ

2017年2月5日 第205回下大和田谷津田観察会とゴミ拾い

ニホンアカガエルの産卵が始まり、先ずは田んぼを巡って卵塊を見ました。1月29日の産卵の後はまだ産んでいないようでした。お隣の田んぼでは6つ卵塊が増えていました。
鳥は鳴かず飛ばず、姿を現しません。それでもじっくり観察していると鳥そのものの数は少ないものの17種を記録しました。途中ハイタカと思われる鳥が林縁を飛びました。鳥影が少なかった原因かもしれません。田んぼではキジバトの羽や羽毛が散乱していました。オオタカに襲われたのでしょう。水の多い田んぼにはカルガモの羽が散っていました。夜間田んぼに来て過ごしているようです
向かいの山林に登って見ましたが杉が大量に折れ落ちていました。周辺に植えられた山武杉は溝腐病に犯され、数年を待たず全滅するのではないかと思わされる状態です。
(参加者 大人11名、高校生3名、小学生7名、幼児1名)

谷津手入れ 谷津手入れ 谷津手入れ 谷津手入れ

2017年1月14日 谷津の作業いろいろ

どんど焼き終了後、谷津のいろいろな作業を行いました。
@ どんど焼きの際にシュロの皮を編んでカエル救出用具を作りました。アカガエルは吸盤がないのでU字溝に落ちると這い上がれません。そこでシュロの皮を編んで水路に垂らし這い上がれるようにしました。この冬いったん冬眠から覚めて産卵に出て来るカエルの命を助けることでしょう。
A シイタケ栽培用に11月に伐倒してあったコナラを玉切り(90cmの長さに切る)しました。それをなお乾燥させるため井桁に組み林内に置き、遮光しました。
B 山林内の樹木に目的不明のナンバー札が貼られたことから無断立ち入り禁止の札3枚を木に貼りました。私達の活動地は地権者、千葉市、ちば環境情報センターの3者で保全活動協定を結んでいます。

谷津手入れ 谷津手入れ 谷津手入れ

2017年1月14日 第201回下大和田YPP「どんど焼きと昔あそび」

新年最初のイベントは恒例のどんど焼きでした。
田んぼから運んだかかしで作ったやぐらに火起こし器で点火します。前日の雨で湿り気が多かったので着火に苦労しましたが、何とか炎を上げることができました。
みんなで歌をうたったり、弓矢や水路でのボートレースをしたり、コマ回しや剣玉で遊んだり、冬の谷津で楽しく過ごしました                   
(参加 大人41名、小学生22名、幼児11名)

YPP YPP

2017年1月8日 第204回下大和田谷津田観察会とゴミ拾い

1月恒例の鳥の観察と谷津の現状把握を兼ねて下流の鹿島川合流部まで巡りました。
出発地点の田んぼではいつもいてマスコット的存在のセグロセキレイのペアーが採餌中でした。谷津向かいの林縁では小鳥達が飛び交っています。谷津の中ではシジュウカラ、ホオジロ、カシラダカなどがいて双眼鏡、フィールドスコープでしっかり観察しました。通り過ぎた葉のない高木の先にはシメが長い間とまっていてこれもスコープで皆で見ることが出来ました。一瞬猛禽が飛ぶ姿も見られ、合流部の鹿島川ではクサシギが4羽飛び立ちました。カシラダカの大きい群が特に目立ちました。鳥は16種を観察しました。  谷津はあちこちでアズマネザサが入り込み、繁茂し、事前に刈払機で刈らないと通れなかったほどで湿地の自然が損なわれ、荒廃が進んでいました。                    
(参加 大人11名、小学生3名、幼児2名)

観察会 観察会 観察会 観察会

2017年1月7日 里山くらぶ 森と水辺の手入れ

今日は盛り沢山の作業をしました。 
おだの設置場所を決めて紐を張り、朽ちた竹や古材はどんど焼きで炊くのでイベント広場へ運びました。古材の大きいものはチェーンソーで切り薪割りをして薪を作りました。
1月の観察会コースは例年下流の合流部まで巡っていますが一部がアズマネザサで被われ道がなくなってしまっているので刈払機2台を持って行き、道を開きました。
午後は上流部枝谷津のゴミ拾いと谷津の観察を行いました。ゴミは相変わらず山盛りとなるほどでした。ここの谷津そのものの環境は変化がないようでした。季節を変えて訪れたいところです。
 (参加 大人6名、小学生2名)

林の手入れ 林の手入れ 林の手入れ 林の手入れ

…古い話題